香港の競馬場

日本人にとって比較的近く外国旅行先として人気があるのが香港です。現在は中国領ですが、長くイギリスの植民地であったこともあり、中国にイギリスの混じったエキゾチックで独特な雰囲気を持っています。そして香港では嘗てイギリス人が持ち込んだ競馬を楽しむことができます。そして今日、香港の国民的な娯楽とし競馬は香港にしっかりと根付いています。
よく知られているように、香港は約150年に及ぶイギリスによる植民地統治を終え、1997年7月1日に中国に返還されました。中国政府は建前上一国二制度を掲げており、大陸では社会主義を貫く一方で、香港ではイギリスが持ち込んだ資本主義をそのまま継承しています。ギャンブルである競馬は現代の中国大陸には存在しませんが、香港、そしてポルトガルから1999年12月に中国に返還され、現在同じく香港と同じく一国二制度の下にあるマカオには存在しています。香港の競馬場は中国への返還後も、当初のイギリス色を少しずつ払拭しながら、現在も引き続き運営されています。
人口約700万人の香港には、現在2つの競馬場が運営されています。そのうちの一つである沙田競馬場は九龍半島から新界に少し入ったところに位置しています。香港の市街地の喧騒から少し離れた、閑静な住宅街の近くです。この沙田競馬場は1978年に建てられました。その特色としては美しい芝生のコースが、これまた周囲の豊かな自然と見事に調和しているところです。またこの沙田競馬場のコースの前には大型スクリーンを備えた電光掲示板が設置されており、新しいスタンドや建物とあわせ、最新鋭の設備を誇っています。またアジアの競馬場では最も長いとされる展望レストランが沙田競馬場の自慢ともなっています。ここから食事をしながらじっくりとレースを眺めれば、イギリスの貴族にでもなったような、何とも言えない贅沢な気分が味わえます。

 

香港にあるもう一つの競馬場が香港島にある競馬場です。香港島にはたくさんの観光スポットがありますが、この?馬地競馬場もその一つと言っていいでしょう。この?馬地競馬場には別名ハッピーバレー競馬場という素敵な名前もあります。このハッピーバレー競馬場がいかにも香港らしいと言える所以はその立地条件にあって、香港島の高層ビル群の谷間に競馬場があります。言わば狭い渓谷のようなところに競馬場があって、コースもやや変形の楕円形になっています。レースの際には、高層ビル群とその間を縫うようにして走る馬たちとが織り成す光景がなんとも言えずミスマッチで、然しながら独特の魅力があります。それだけでも面白いのですが、このハッピーバレー競馬場の特色はこれだけに止まりません。ハッピーバレー競馬場の周辺では何故か馬の絵の描かれた道路標識を見かけます。これは競馬開催日のレース前後に馬が一般道路を通行して移動するために、ドライバーに注意を喚起する目的で設けてある標識で、一般の自動車などの間を縫って横断歩道などを馬がパカパカと歩いて横断するさまはこれまた他では見られない面白い光景です。 香港にあるもう一つの競馬場が香港島にある?馬地競馬場です。香港島にはたくさんの観光スポットがありますが、この?馬地競馬場もその一つと言っていいでしょう。この?馬地競馬場には別名ハッピーバレー競馬場という素敵な名前もあります。このハッピーバレー競馬場がいかにも香港らしいと言える所以はその立地条件にあって、香港島の高層ビル群の谷間に競馬場があります。言わば狭い渓谷のようなところに競馬場があって、コースもやや変形の楕円形になっています。レースの際には、高層ビル群とその間を縫うようにして走る馬たちとが織り成す光景がなんとも言えずミスマッチで、然しながら独特の魅力があります。それだけでも面白いのですが、このハッピーバレー競馬場の特色はこれだけに止まりません。ハッピーバレー競馬場の周辺では何故か馬の絵の描かれた道路標識を見かけます。これは競馬開催日のレース前後に馬が一般道路を通行して移動するために、ドライバーに注意を喚起する目的で設けてある標識で、一般の自動車などの間を縫って横断歩道などを馬がパカパカと歩いて横断するさまはこれまた他では見られない面白い光景です。

pickup

スカイグループのホテル予約
http://www.sky-g.net/

最終更新日:2017/1/24